執筆作業

小説を投下する場所

うんこマン・レジェンド 47話目 シンプル

スマホをいじらない……スマホを持ってないのか?

ーー普段連絡はどうしてる?

スマホを持ってないならガラケーを持っているのか。

ーー彼はメールで連絡してきます。彼は携帯自体持ってないみたいです。

携帯自体持ってない……。自宅のパソコンからメールを送っているのか? 外に出かけた時に連絡手段を持っていないなら事前に連絡していないと仲間は呼べない。もしかして仲間はいないのか?

ーー彼を信じているのでわたしは何もしません。写真のことを知らせてくれたのは感謝します。

井原とのメッセージのやり取りはここで途絶えた。

ここ数日の苦労は無駄骨か。とはいえ薬袋が連絡手段を持っていないなら仲間は呼べない。つまりタイマンで闘えるわけだ。集中すべきは薬袋を打ち負かす策を考えること。問題がシンプルになったのでスッキリした。

今後は日課のトレーニングをもっとハードにしよう。五キロメートルのランニングは初日から一分間完走タイムが縮まった。体力と心肺機能は徐々に高くなっている。腕立て伏せは三十回連続でできるようになった。そろそろ十六キログラムのケトルベルを振り上げれるようになったかもしれない。

薬袋の足を滑らす界面活性剤と潤滑剤の混合液の実験は日課のトレーニングの合間にやらねばならない。同時に滑らない靴を購入する必要がある。俺も足を滑らせたら意味がないからな。滑らない靴で検索すると業務用の対滑性能が高い靴が大手ネット通販サイトで販売している。値段は三千円ほど。即購入した。