執筆作業

小説を投下する場所

うんこマン・レジェンド 46話目 なりすまし

井原を唆す準備は整った。

瀬元和正のアカウントにログインして薬袋と女子高生が浮気している写真を井原のアカウントにダイレクトメッセージで送った。

数分後に反応が返ってきた。

ーーこの写真どこで手に入れましたか? 

反応は上々。ヤク漬けにはまだされてないようだ。さて、どう反応を返すか。

ーー弟をフって今はこの男と付き合ってるらしいな。

これなら違和感はないはず。

ーーわたしをフったあなたが言いますか。

ああ、やっぱりフラれてたのか。とりあえず不自然にならないように……。

ーーこの写真は高校の方で広まってる。女子高生に手を出してる男子中学生の噂と一緒に。

若干無理があるか。瀬元和正の通っている高校の女子生徒とも限らない。SNSなんて基本やらんからどんな感じでネット上のコミュ二ティが形成されてるか想像がつかない。

ーーそうですか。ありがとうございます。

むぅ。当たり障りない返答。

ーー弟をフったのはどうでもいいけどその男はやめといた方がいいよ……。

余計なお世話くさいが一応言ってみる。

ーー余計なお世話です。あなたに言われたくない。

 怒ってる? そろそろ唆すか。

ーー男のスマホに盗難防止アプリでもインストールしてみたら。

瀬元和正がこういうこと言う人間か判断がつかないが……。

ーーどうやって? 

よし釣れた。

ーー酒でも飲ませて眠らせて指紋認証をロック解除すれば。もしパスコードでロックしてるなら手元を観察するとか。

どう思われるかわからんが一応手段を伝える。

ーー彼のスマホがどこにあるかわかりません。というか彼はスマホをいじらないみたいです。

計画が狂う発言だった。マジか。