執筆作業

小説を投下する場所

うんこマン・レジェンド 44話目 殴られ屋の同伴

最初はなんでここにいるんだと少し訝しんだが、ラブホ通りの裏路地で商売しているから別段おかしくはないか。

「いやある人を尾行してたんですが……見失いまして……」

殴られ屋は目を丸くしている。

「なんか探偵みたいなことをしてるんだな」

探偵ね……フィクションじゃない実際の探偵は浮気調査が仕事の八割を占めるらしいし、的を射た発言だな。

「やっぱり浮気調査なのか?」

やっぱり? 俺は首を傾げる。

「この前の薬袋衛吉の話。なんか嘘くさい話で薬袋の素性を探ってただろ。誰かに依頼されてる?」

……どうやら都合のいい勘違いをしてくれているようだ。完全に自分のためだが、誰かに依頼されて薬袋を追跡していると勘違いしているようだ。しかしこの前の架空の幼馴染の話は嘘だと見破られてたか。だが今はそれよりもだ。

「薬袋を見かけたんですか? どっちに行ったか知ってます?」

殴られ屋は少し迷うような素振りをした後、

「噴水のあるラブホのあたりで見かけたよ。人を待ってる感じだった。やっぱ浮気調査なの?」

勘違いしてくれているのでありがたく利用させてもらう。

「浮気調査を薬袋の彼女から依頼されてるんです。多分十股はしてる感じですけど、中学生の浮気を本当の探偵には依頼できないから俺みたいな中学生の探偵がいるってわけです」  

「十股って……」

殴られ屋は若干唖然としている。噴水のあるラブホっていうとラブホ通りの奥に位置する。走って急ごう。

「じゃあまた今度。浮気現場を写真に収めないといけないので」

俺は走って噴水のあるラブホの方向に向かう。なんだ? 後ろから足音。振り返ると殴られ屋が走って追いかけて来ていた。

「ちょっと俺も一緒に行かせてくれない? わりと気になるから」

えー。ちょっと困るが。

「邪魔しないならいいですけど……」

どうせ殴られ屋を振り切れないのでしぶしぶ了承した。