執筆作業

小説を投下する場所

うんこマン・レジェンド 35話目 シャボン玉

コンマ一秒よりパンチを遅くする。足が滑って踏ん張れないなら下半身の力を拳に伝えるのは難しい。

仮に薬袋が時速四〇キロメートルのパンチを打てるとしても……腰の回転と足の踏み込みがない状態の体重が乗っていない手打ちのパンチではせいぜい時速二五キロメートルくらいが限界だろう。

時速二五キロメートルのパンチなら拳から顔面まで八〇センチメートルの範囲で到達時間はおよそ〇.一一秒。コレならギリギリ反応はできる。だがパンチを避けるにはまだ色々と訓練と工夫が足らない。

 夏休み四日目。本日は快晴なり。日課の低酸素マスクをつけての五キロメートルのランニングを終えて家に戻る。初日である五日前から完走タイムが三十秒くらい縮まっている。いい調子だ。

家に戻ったら濡らしたタオルを絞って汗でベタベタになった体を拭く。干してあるスポーツウェアを着て新しく日課になった腕立て伏せをやろうと思ったら、腕が筋肉痛で痛い。昨日バッティングセンターで百二十回もバットを振ったからか。今日は休む選択肢もあったが無理矢理腕立て伏せをすることにした。十五回でギブアップ。昨日より少ないが筋肉痛は筋肉が発達している証拠だ。プロテインを飲んでからスクワットもやろう。スクワットは六十回でギブアップ。脚の筋肉は徐々に大きくなってきている。

近所の公園に向かう。縄跳びを千回やる。連続で二百回は跳べるようになった。夏休み中には千回連続で跳べるようになるはずだ。夏休み初日に見かけた親子が公園の砂場にいた。またあの子はシャボン玉を吹いて遊んでいる。そういえば初日にシャボン玉の作り方を調べたな。界面活性剤と水を混ぜるだけだった。界面活性剤は水にも油にも溶けるものらしい。ほとんどの洗剤は界面活性剤だな。

洗剤を床に撒けば足を滑らせるだろうか? そんなことを考えながらブランコをこぐ。

そういえば界面活性剤は油にも溶けるから潤滑剤にも溶けるのだろうか?

家に帰ったら調べてみよう。