読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

執筆作業

小説を投下する場所

うんこマン・レジェンド 19話目 姉貴の帰宅

夏休み二日目。朝起きると意外な人物が帰宅していた。我が姉貴である。

ソファに座りながらニュース番組を見ている。

現在午前七時三十分。深夜に帰宅したのだろうか。姉貴は市内の繁華街の近くのマンションに住んでいる。職場と近いからだ。元SMクラブの女王様にして現ポールダンサー。夜のお仕事に就いている。もっともSMクラブの方は三ヵ月足らずでやめたらしいが。姉貴は高校卒業してからすぐに夜の仕事に就いた。両親の反対を押し切って家を出た。そのせいで両親とは未だ険悪な仲だが、たまに実家には帰ってくる。

そう帰ってくる……つまり男にフラれた。

やべーよ。なんかまた面倒くさい要求されるよ。

戦々恐々としているとテレビを見ている姉貴が怒声を発する。

「んだよ! 顔はイケメンだからいいじゃねーか! ちょっとわたしより背が低いからっていじけやがってー! 何が背の高い男と付き合えば? だ! 背だけ高い男は好みじゃねーよ……なんでだよ……ウッウッ」

途中から泣き始めた。ジャニタレの映像とフラれた彼氏がシンクロしたのだろうか? どうやら今回は身長が高いのを理由にフラれたようだ。たしかフラれた理由では二回目だ。しかし姉貴がフラれるのも十回を超えたか。今回で十一回目。

用を足すためにトイレに行こうと思ったら、ソファに座っていた姉貴が急に立ち上がる。俺の傍を通り抜けてトイレに直行。何事かと思ったら「オエー、ゲップ」と便器に嘔吐する音が聞こえた。ソファの前のミニデスクを見ると酒瓶が二つ転がってる。床には空のアルミ缶が5個ほど。ヤケ酒だな……。

バッターンと便所のドアが開く。音に驚いてそちらを見ると姉貴が俯いたままこちらにゆらゆらと近づいてくる……背が俺より高いから怖いんですが。

「ね〜プレミアムロールケーキ食べたい買ってきて」

うわ、すごい酒クセェ。俺の金で?って聞きたいが、それを言うと姉貴はマジギレもしくはマジ泣きしそうなので……。

「はい、プレミアムロールケーキ買ってきます……」

と仕方なく言う俺。