執筆作業

小説を投下する場所

優しさとは

優しさは糞拭き紙である。

どんな人間でも糞を垂れた後は必要になるアレだ。

糞を拭き終わったら不要になって水洗トイレに流されるアレだ。

一口に糞拭き紙と言っても質がある。

気配りは、肌触り。

親切は、紙に入ったミシン目。

紙についてるほのかに香る甘い匂いは、人柄の良さだ。

でも残念なことに糞拭き紙はどんなに上質でも糞を拭き終わったら水洗トイレに流されて終わる運命にある。薄っぺらいからな。

よく言われるが、優しいだけの男は都合のいいひとで終わる。

だってよく考えてみろ。優しさは糞拭き紙なんだぜ?糞拭き紙は絶対に糞を垂れた後に必要だが……それだけだ。

大量生産品の生活必需品。ありふれてる。

糞拭き紙を配るだけでモテると思ってるなんて、ナイフで女性を脅せば簡単にヤレると思ってる強姦魔とドッコイだ。

それでも俺は人に優しくする。いつ糞を垂れたくなるかわからんし、糞拭き紙が必要な時はいつ来るかわからない。

糞拭き紙は人の為ならず。